【トイレのしつけが難しいとお悩みの方向け】1歳2か月で、やっとダックスのトイレのしつけが完了! その方法や、失敗例など【犬のトイレ】

犬のしつけ

ミリちゃん、ついにオムツが外れました!
あ、上記の画像ではまだオムツしてますが(汗)

どうも!
『マノミリパパ(@rokurou_mano)』です。

姉犬のマノは、わりと簡単にトイレのしつけが終わったんですよ。
生後半年くらいで、ほぼ完璧にトイレができるようになっていたと思います。

ところがミリちゃんは、わりと時間がかかりました。
生後1歳2か月にして、やっと完了です。

でも、こんなに手こずってしまったのは、飼い主のせいなんですよね。。。
僕たちのしつけが至らなかったからに他なりません。

犬は、賢い生き物です。
飼い主がちゃんとしつけを行なえば、犬は応えてくれるのですから。

トイレのしつけに失敗した理由

そんな賢いワンちゃんなのに、なんでトイレのしつけがなかなか上手くいかなかったのか。

我が家の場合、一番の理由は「甘え」です。
二匹目ということで、「先住犬の様子を真似て、自然にトイレを覚えるだろう」という甘えがあったのです。

実際にワンちゃん仲間たちから、そういう話をよく聞いていました。

二匹目はしつけが楽ですよ~! 先住犬の真似をしてくれるから、トイレもすぐに覚えてくれます。

一人や二人ではなく、結構多くの人からこういった話を聞いていましたし、ネットで調べてみてもこういった意見の方が多かったんですよ。

でも、それで安心しているようじゃ駄目に決まっていますよね。
先住犬の動きを見て学ぶワンちゃんもいるかもしれませんが、人間同様、ワンちゃんにも個体差というものがあるのですから。

ところが僕たちは、「先住犬を見習ってくれるの法則」に甘えてしまい、姉犬であるマノの時よりはあまり熱心にしつけをしていなかったような気がします。

当然王道のトイレのしつけは意識していましたが、意識するだけではなく、序盤で完璧にこなすことが大事なのだなと痛感しました。

しつけ成功のための具体的な方法

トイレの王道のしつけとは、

ケージから出している時は常に監視
「床をクンクンしまくる」といったトイレサインを出したら、すぐにトイレに連れて行く。
トイレの上で「ワンツー!ワンツー!」といった声掛けをする。
うまくトイレができたら、大げさなくらいに褒めまくってから、オヤツをあげる。
トイレに失敗したら、淡々と処理した後、しばらく無視する。

・・・となります。

しかしミリちゃんの場合は、上記の「常に監視」という部分が疎かになっていました。
姉犬であるマノがいるから、という甘えによって、ケージから出したまま目を離すことが多かったように思えます。
それによってトイレ失敗を繰り返し、オムツをさせることに・・・
完全に僕たち飼い主のせいです。。。
ミリちゃん、ごめん・・・・・・

トイレのしつけ成功の秘訣は、とにかく「できる限りトイレを失敗させないこと」。
そう考えると、ケージから出すのならばしっかりと監視できる状態でなければなりません。

「ずっとは見ていられない」
「忙しくてそんな時間はない」

そういう場合は、可哀そうに思えても、ケージから出しては駄目なんですよね。

犬のトイレのしつけに、簡単な攻略法みたいなものは存在しません。
愚直に、王道のしつけ方法を繰り返すのみです。

たまに失敗しても全然OK!

「ウチのワンちゃんは完璧! もうトイレで失敗する心配なし!」

そう思っても、たまに粗相をしてしまうこともあります。

でも、そんな時は絶対に怒らないであげてください。
それは、何らかの意思表示である可能性も高いのですから。

トイレのある場所はわかってはいるけど、

あんまり構ってもらえなくて寂しいから、わざと変なところでトイレをしてみようかな

と、愛する飼い主の注意を引くためにあえて失敗することも結構あるのです。
犬は賢いですから。

 

そこまで考慮して、あえてトイレに失敗しているんだと思うと、無性に愛くるしくなりますよね^^
言葉は通じないものの、愛犬と意思疎通ができる数少ない機会です。

なので、たまのトイレの失敗については気にする必要はまったくありません。

もちろん、正しいしつけのために、トイレに失敗した後はしばらく無視するのを忘れずに。

これをやらないと、

なぁ~んだ。別にトイレ以外でオシッコとかウンチしてもいいのね

・・・と勘違いしてしまう可能性もありますので。

ただ、やたらと叱ったり、ましてや手を出したりするのは絶対にNGです。
ワンちゃんは、叱られることも嫌いですが、一番嫌なのは「飼い主から無視されること」。

なので、トイレ失敗のたびに無視をすることで、

無視は嫌だよ~

となり、粗相の回数はほぼ皆無に近付いていくと思います!

タイトルとURLをコピーしました