【犬の口臭改善】「愛犬の口が臭い…」という相談を受けたので、獣医師の意見などをもとに口臭を消す方法を探してみました

歯磨き 犬の歯磨き

愛犬の口臭に悩んでいる方は意外と多いですよね。

僕も最近、ご近所のペッ友(ペット友達)からそういった相談を受けました。

ウチの子、最近口臭がキツくなってきたんだよね・・・ 何とかなんないのかなぁ・・・?

といった感じで。

 

あ、どうも!
『マノミリパパ(@rokurou_mano)』です。

 

ちなみに我が家の愛犬マノ(♀)は、今のところ口臭は全くありません。
僕も妻もすごく気を付けている、というのが効いているのかなと。

こちらがマノです!

犬から好かれる

小5の息子の顔をペロペロしまくっています^^;

 

ということで、

■なぜ我が家のマノには口臭がないのか?

■口臭の種類

■獣医師さんたちから聞いた、口臭が出てしまった場合の対策法

などを中心に書いてみたいと思います!

愛犬の口が臭くならないための方法

犬の口臭

口臭予防はパピーの頃から

まず、現時点(2020年5月)でのマノは今0歳9か月
なので、よほどケアを怠っていない限りそうそう口臭が出る年齢ではありません^^;

マノに口臭がない要因はそれが一番大きいのでしょう。

しかし、我が家では早い段階から、マノに口臭が発生しないよう徹底的に予防していました。

口臭は万病の元ですから。
愛犬に一日でも長生きしてほしいと願うのは、犬を飼っている人全員の願いだと思います。

特に何もしなくても口臭が発生しづらいパピーの頃から、色々気を付けていくことは大事かなと。

口臭予防の3原則

犬の口臭を予防するには、大きく分けると以下の3つとなります。

■歯磨きの徹底

■エサの選別

■口内環境を整える

結局はこの3つに絞られます。

この3つをしっかり意識していれば、先天的なものや病気の影響などがない限りは、犬の口臭が気になるようなことはないでしょう。

犬の口臭の原因第1位は『歯磨き不足』

犬の口臭予防

当たり前っちゃあ当たり前ですが・・・

人間同様、歯を磨かなければ口臭は発生しやすくなります。

昔は「犬に歯磨きなんて・・・」という時代でしたが、今では、定期的な歯磨きは絶対にやるべきという風潮。
これは、獣医師さんに聞いても同じ答えが返ってきます。

歯磨きの頻度についてはケースバイケース。
普段のエサがウェットフードならば歯に歯垢がつきやすいので、毎日歯磨きをする必要がありますし、歯につきにくいドライフードならば3日に1回くらいのペースでもよいでしょう。

とにかく、「全く歯磨きをしない」というのは絶対に避けるべき。

犬の歯磨きは面倒かもしれませんが、できるだけ行なってあげた方がよいです。
歯磨きは口臭予防の最有力手段ですから^^

 

ちなみに、我が家の犬の歯磨きはこんな感じです!

口臭の種類

犬の口臭には、いくつか種類があります。

イカ臭い・魚臭い・生臭い

犬の口内というのは、基本的に唾液で潤っています。

しかし、

■口を開けっぱなし
■水をあまり飲まない
■鼻炎や鼻づまり

といった原因により口の中が乾燥し、唾液が十分に分泌されなかったり濃縮されすぎたりして、イカ臭くなったり魚臭くなったりしてしまうことがあります。

特に、夏場など暑い時に発生しやすいです。
口を開けて「ハッハッハッ」とやりやすい時期ですから。
犬独特の『パンティング』という呼吸法ですね。

病気が原因となることもありますが、基本的にはあまり心配ないでしょう。

愛犬の口が生臭いような気がしたら、充分に水分を与えるようにしてあげてください。
それでほぼほぼ解決するはずです。

うんちの臭い

これは、単純に食ふんしている可能性が高いです。

犬は、わりとポップにうんちをパクっといきますから・・・
子犬であればあるほど。

なのでこれに関しては、食ふんをやめさせるための対策法を徹底していく、という方法しかないでしょう。

【犬の食ふん対策】うんちを食べるのをヤメさせたい!食ふんをやめさせるためのしつけ法
犬の食ふんを防ぐための正しい対策法について。

なお、我が家のマノもまだ、たまにうんちを食べてしまいます。
0歳9か月と、まだまだ若いので仕方がないことなのですが・・・^^;

そんな時は、口内環境を整えるガムを噛ませるようにしています。

うちが使っているのはこれです。

LION【PET KISS】

LIONの『PET KISS』という歯磨きガム。
安いですし、お勧めです。

最初は違うガムを噛ませていたのですが、【今まで25頭のダックスを飼ってきた】という超ベテランのご近所さんから、

そのガムは発がん性の問題があるんだよね。 周りでも、犬に詳しい人たちはみんな食べさせてないねぇ・・・

という助言をいただき調べて見ると・・・まさにその通りでした><

これには驚きましたね。。。
テレビCMでも見るような有名メーカーのガムだったので、つい安心してあげてしまっていました。

 

そんなことがあったため、慌てて色々調べた結果辿り着いたのが、今のLIONの『PET KISS』

僕ではなく、コスパにうるさい妻が買ってきたものなので、費用対効果も満足です。

何せ妻は、スーパーで定価で売っている弁当を「非売品」と呼ぶほどのツワモノ・・・
値引きシールは必須みたいです。。。

頼もしい!!

アンモニア臭

犬の口からアンモニア臭がした時は注意が必要です。
肝臓や腎臓といった内臓の機能が弱っている可能性がありますので。

人間同様、犬も肝臓や腎臓で老廃物の排出を行ないます。
しかし、内臓の機能が十分でない場合、老廃物の排出がうまくできずに口からアンモニアの臭いがすることがあります。

こういった症状が長く続く場合は、一度獣医師に診せるべきでしょう。

エサやおやつによって口臭は変わる?

エサやおやつの種類によっても、当然口臭が発生しやすいかどうかは変わってきます。

一番は、「ウェットフードかドライフードか」という部分。

ウェットフードは歯垢がつきやすいので、口臭が発生しやすくなります。
対するドライフードは、カリカリで歯にはくっつきにくいので歯垢がつきにくいです。

ワンちゃんの喰いつきがいいのはウェットフードなので、ついついあげたくなってしまうのですが・・・^^;

ウェットフードをあげる場合は、何か特別な時にだけにするか、毎日のようにあげるならば毎日のように歯磨きも欠かさないようにすべきでしょう。

それでも口臭が出てしまったら・・・?

悲しいかな、どれだけ頑張っても愛犬に口臭が発生してしまう可能性はあります。
そういう時には、口臭対策用のケア商品に頼るのが得策でしょう。

もともとは、

ウチの子、最近口臭がキツくなってきたんだよね・・・ 何とかなんないのかなぁ・・・?

という相談を受けたことがきっかけで調べ始めたこと。

ということで、獣医師さんの意見や、自分でネットで調べたりしながら良さそうな口臭ケア商品を探してみました。

諸々考慮した結果、ラブリービー(Lovely B)というケア商品がよいのではないかと感じました。

理由としては、

■歯科医師が完全監修
■自然由来の無添加成分のみにこだわっている
■GMP認定の国産工場で製造している

というところが大きいです。

最後の項目である「GMP認定」というのは、Good Manufacturing Practice の略。
日本語だと「適正製造規範」と言います。

GMP認証事業は、厚生労働省の支援を受けた第三者認証制度のもとで運営されているため、信頼性は高いと言えるでしょう。
国のお墨付きがあるわけですから。

 

ちなみに、ラブリービー(Lovely B)を使っている人たちの口コミを一部掲載すると、こんな感じです。

 

飼ってる犬の、口臭、歯周病が気になったので、少し高いと思いましたが購入しました。 愛犬が舐めてくれるのはいいですが、口臭がひどい。 また、歯が黄色くなっており、酷くなると歯周病手術を受けなくなることを心配し、少々高かったのですが、購入しました。 効果は口臭は大分少なくなりました、また、黄色くなっていた歯も白くなってきて、非常に喜んでいます。 ただ、継続使用しないといけないので、もう少し安くならないものかと思っています。

 

食の細いチワワ8歳の歯周病が気になり購入しました。 歯周病が軽くなり、生まれつきフードをなかなか食べない愛犬が、フードにふりかけたら、嘘みたいに朝夕にフードを食べるようになって、食事の回数が増えのに、なぜかスリムな体型になりました。

 

使用を始めて2か月、老犬の歯槽膿漏による傷が鼻の横にできています。しかし、このラブリービーを牛乳に入れて飲ましていたところ、傷が少し小さくなったような気がしています。 痛々しくてかわいそうだったのですが・・・(気のせいかもしれませんが・・・)飼い主の気休めかも・・・

 

うちの子の口臭が強すぎるのか、効果が殆ど期待出来ませんでした。

 

まだ使い始めて3日程ですが、口臭がかなり消えてきたような気がします。 使いきってから継続するか決めます。

 

概ね評判が良さそうということで、冒頭のペッ友にも勧めてみました^^

もしマノに口臭が出て困った時には、是非我が家でも試してみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました