【カーミングシグナルは犬の気持ちを知る手段】愛犬が考えていることを知りたいので、カーミングシングナルを調べ尽くしました

カーミングシグナル 犬との暮らし

愛犬の気持ち、知りたいですよね。

今、この子は何を考えているんだろう?

この行動は、何を意味しているんだろう?

そう思う事、ありません?
僕はしょっちゅうありました。

こういう時、犬が言葉を喋れればいいのですが、残念ながらそれは無理です。

 

あ、どうも!
『マノミリパパ(@rokurou_mano)』です。

 

では、犬が何を考えているか知ることは不可能なのかと言うと・・・

一つだけ方法がありました!

それは、『カーミングシグナル』について詳しくなるという方法です。

僕は、どうしても愛犬『マノ(♀)』の考えていることが知りたかったので、カーミングシグナルについて調べまくりました。

その備忘録として、ここに残しておこうと思います。

ありがとうワン♪ わたしの伝えたいことを理解してくれたら最高だワン♪

うん、パパ、頑張るよ!!

カーミングシグナルとは

犬のカーミングシグナル

まず、カーミングシグナルとは何なのか?

一言で言うと、『犬が、相手とコミュニケーションを取ろうとして起こす行動』です。
自分が今どういう状態か、何を考えているか、どういう思いでいるか、といったことを行動によって伝えようとしてくれているのです。

カーミングシグナルは、主に相手や自分を落ち着かせるために取る行動と言われています。

余談ですが、カーミングシグナルという言葉はノルウェーの犬の調教師である「ルーガス」という人が作った造語とのこと。

このルーガスさんによると、カーミングシグナルは少なくとも30個弱あるとされています。

犬がカーミングシグナルを正しく出せるようになるために

カーミングシグナル

パピーの頃に他の犬と関わる機会が少ないと、このカーミングシグナルを正しく出せなくなることもあります。

しつけ教室の先生からも、

子犬の頃に、できるだけ多くの犬と人に関わらせてください。

・・・と、よく言われました。

目安としては、予防接種を受けて散歩ができるようになってからの2か月で、100人からエサを与えてもらうように、といった感じで。

もちろん、犬ともそれくらいの数と接した方がよいのでしょう。

「2か月で100人」と聞くと大変に思えてしまいますよね・・・
実際、ウチもこの数字は達成できませんでした><

まあ、これはあくまで目標の数字ということで、それだけパピーの頃にいろいろな刺激を与えてあげるのが大事、ということでしょう。

 

自分がカーミングシグナルを正しく出せるようになるのも大事ですが、相手からのカーミングシグナルを正しく受け取れるようになることも大事。

そういったことができるようになるためには、やはり小さな頃から多くの人や犬と触れ合うことが重要だと思います。

代表的なカーミングシグナル

カーミングシグナル

あくびをする

犬の代表的なカーミングシグナルの一つですね。

犬は、ストレスを感じた時に、そのストレスを軽減しようとしてあくびをします。

人間でいうところの深呼吸のようなものでしょうか。
深呼吸すると落ち着きますよね。

また、相手に「落ち着いて」というサインを送っている場合もあります。

愛犬を強く叱っていると、あくびをされることがありませんか?
そんな時は、

飼い主さん、ちょっと落ち着いて!

というサインを出しているわけです。

・・・と同時に、叱られている自分のストレスも逃がしている、と。

うーん、、、 一石二鳥!!
犬のあくび、凄い!!

視線を逸らす

犬同士の場合、いきなり目が合うと「挑発している」と受け取られてしまうことがあります。

人間で言うところの「ガンをつける」ですね。
目が合うと、「何見てんだよ!?」とケンカ腰に来る人もいますよね^^;

犬の社会でも、そういうことがあるわけです。

そして、そうした好戦的な犬との争いを避けるために、「敵意はありませんよ~」という大人の対応をするのが、視線を逸らすというカーミングシグナル。

これは、人間もやりますよね^^;
怖い人が来たらさっと目を背ける、と。。。

適切な社会性を身に付けている犬は、むやみに視線を合わせず、無用な争いは避けるものです。

また、「目を細める」「瞬きが多くなる」といった行為も、同じようなカーミングシグナルです。

体を掻く

「あぁ~もう!」
「いい加減にしてよ!」

・・・という時、人間でも頭をボリボリ掻いたりしますよね?

これの犬バージョンが、後ろ足で体を掻く行為です。

犬が眠たいのに無理やり構おうとしたり。
何十分もしつけをしようとしたり。(犬の集中力は10~15分程度)

そういう時に、

もういい加減にして!

というアピールのために、体を掻いたりします。

周囲のにおいを嗅ぎまわる

床や、近くにある物などをフンフン・クンクンと嗅ぎまわる行為。
これもカーミングシグナルの一つです。

それが意味するところは・・・

あのね・・・ 今、アナタにそんなに興味ないの。 そして敵意もないの。 だから放っておいて。

これです。。。

うーん、、、悲しい!
これ、我が家の愛犬マノもちょいちょいやります^^;

主に、無理やり「おいで!」と呼ぼうとしたり、こちらの気分だけで可愛がろうとしたりした時・・・

・・・あ!
まさに該当しますね。。。
今は興味ないから構わないで、ということなんですね。

あとは、狼時代の名残で、無用な争いを避けるために無関心を装う、という意味もあるようです。

ですが現代では、ほぼほぼ「構わないで」の方でしょう。。。

お腹を見せる

これは、犬に限らず動物ならばよく聞く話ですよね。

お腹というのは、柔らかく急所となる部分。
そんな場所を無防備に相手に見せるということから、

■相手を信頼している
■争う気はない

ということを表現しています。

愛犬がお腹を見せてくれる時・・・かわいくてたまらない!

体をブルブルする

頭から体まで、全身をブルブルとする犬定番の行為。
「体についたホコリや汚れを飛ばそうとしてるのかな?」と思いがちですが・・・

この行為にも、犬からのメッセージが詰まっていることがあります。

主には、体を掻く行為と同様、「もういい加減にして!」というアピールの意味が強いです。

あとは、「ストレス解消」も含まれているでしょう。
ああいった派手な動きをすると、なんだかスッキリしますよね。

水に濡れた後のような場合は別ですが、犬が体をブルブルと振った後はあまり構わないであげた方がよさそうです。

飼い主の顔を舐める

これはよく知られているサイン。
犬が飼い主の顔を舐めるのは、主に愛情表現のためです。

飼い主さん、好き好き♪

と言ってくれているわけですね。
飼い主として至福の時です。

ただ・・・
最近では、犬との濃厚接触はやめるべきという警鐘が鳴らされているわけで・・・

どうするかは、自己責任で選択すべきかなと。

ちなみに我が家では、普通にペロペロを受け入れています。

 

その他、犬のペロペロには色々な意味があります。
そのあたりについては、以下の記事にまとめてありますので、よろしければご参考下さい。

[関連記事] ■【犬がしつこくペロペロする理由】止まらないペロペロには意味がある!舐め方による犬の気持ちとしつこい舐めをやめさせる方法

伏せをする

伏せが意味するのは、

■相手に対して敵意がないこと
■自分や相手を落ち着かせようとしていること

というのがメインとなるカーミングシグナルです。

 

あとは、「退屈」「つまらない」「不満」を表すために行なうこともあります。

こういった場合は、伏せをしながら上目遣いで飼い主をうらめしそうに見ていることが多いですね。

うちのマノの場合は、うれしょんが激しかったので家の中でもオムツを履かせるようになったのですが、オムツを履かせ始めた当初は、オムツを履かせ終わるとすぐに伏せをして上目遣いでこちらを見ていました^^;

納得がいかなかったんでしょうねぇ。
「なんでワタシにこんなものを履かせるの!」みたいな。

弧を描くように相手に近付く

初対面の犬同士でよく見られる光景ですよね。
互いに弧を描くように近付いている様子、見たことがないでしょうか?

これは、相手に対して敵意がないことを示しながら、相手のお尻のにおいを嗅ごうとしているのです。

犬は、相手のお尻のにおい(正確には肛門腺のにおい)を嗅ぐことで、どんな相手かを確かめようとします。

この際、直線的に近付くと「敵意がある」と見なされてしまうことがあるので、弧を描くように近付くわけです。

前足を乗せる

犬が相手の体に前足を乗せるという行為は、「自分の方が優位である」というカーミングシグナルです。

もし、横になっていたりする飼い主さんの体に対して前足を乗せてくるようならば、気を付けた方がよいでしょう。
犬が、自分の順位付けを間違っている可能性があります。
「飼い主よりも自分が上だ」と・・・

愛犬との良好な関係を築くためには、上下関係をしっかり教える必要があります。

最後に

犬と会話ができる・・・
犬を飼っている人にとっては究極の夢ですよね!

しかし、会話とまではいかなくとも、カーミングシグナルを知ればその夢に少し近付くことができます。

犬との円滑なコミュニケーションのためにも、是非一つでも多くのカーミングシグナルを覚えておきたいところですよね!

タイトルとURLをコピーしました